Defi

持ち主が死亡した仮想通貨はどうなる⁉不測の事態に備える準備と相続

男性の口コミ
男性の口コミ
自分が死んだら持っている仮想通貨はどうなるの?
女性の口コミ
女性の口コミ
不測の事態が起こった場合の相続方法を教えて…
男性の口コミ
男性の口コミ
持ち主が生前にやっておいた方がいい準備はあるの?

これらの悩みにお答えします。

この記事を読んでわかること

持ち主が死亡した時の仮想通貨はどうなるか
仮想通貨を取り戻せた時の相続税はかかるのか
相続人が仮想通貨を取り戻す為の生前準備

現在、ビットコインなどの仮想通貨を購入して運用している方が多くなってきてます。
もし持ち主が死亡した場合、持っていた仮想通貨はどうなるのでしょうか。
何か手続きをして親族が取り戻せるのでしょうか。
それとも、ビットコインの所有権は消えてしまうのでしょうか。
今回は不測の事態に備えて、持ち主が生前にしておいた方がいい準備と取り戻すための方法をご紹介します。

実際に取り戻すのは極めて難しい


仮想通貨の知識がない家族にとっては乗り越えないといけないハードルが高すぎます。
持ち主が家族に仮想通貨投資をおこなっている事を伝えていなければ、回収する事はほぼ不可能でしょう。
仮想通貨の仕組みの複雑さが、多くの家族が理解に苦しむ事になるでしょう。

しかし、仮想通貨は大切なデジタル資産です。
諦めずに取り戻しましょう。
その為には、持ち主が家族に日頃から仮想通貨について状況を伝えていれば回収する事は難しくありません。
伝える事が難しければメモを残しておくなど、万が一に備えて準備しておきましょう。

国内の取引所で運用している場合

国内の仮想通貨取引所で購入して運用しているのであれば、どこの取引所で運用しているのかが分かれば比較的簡単に取り戻す事ができます。
取引所に問い合わせて手続き方法を確認して下さい。
必要な書類を準備して手続きを進めると無事に日本円に換金されて支払われます。

代表的な国内の取引所

Coincheck
bitbank
bitflyer
DMM Bitcoin
GMOコイン
楽天ウォレット

Defiサービスで運用している場合

このパターンだと資産の把握が非常に難しく、取り戻せる難易度が一気にあがります。
仕組みも複雑で、操作も初心者には難しいです。

知識がない方にとってはハードルが高すぎるのです。

この場合は、残念ながら問い合わせ先がありません。
何に投資しているか情報が無く、生前に残させたメモがなければ諦めるしかありません。

こうならない為にも日頃から会話をしておくか、家族が分かるようにメモを残すようにしておきましょう。

代表的な海外の取引所

Binance

代表的なDefiサービス

・Pancake Swap
・Uniswap
・SushiSwap

残された親族がやるべき事


残された家族にとって一番大事な事は、持ち主との情報共有です。
持ち主が仮想通貨投資をしている事を家族が知らなければ、その時点で残念ながら取り戻す事が非常に困難になります。
日頃から手持ち資産についての会話をしておく事が非常に重要です。

資産運用について日頃から会話をしておく

これは仮想通貨投資だけの事ではなく現金での貯蓄や株式資産、不動産所有など現状の手持ち資産について日頃から会話をしておく事が重要です。
住宅ローンや自動車ローンなどの負債や、保険や年金といったライフプランについての理解がとても重要になってきます。
ファイナンシャルプランナーに頼めば簡単にライフプランを作成してくれます。
是非この機会に活用してみてください。

持ち主が亡くなってから調べるのでは、限界があります。
残された家族にとって生前の情報が一番大事になります。

携帯電話(スマホ)やPCから調べる

持ち主のスマホ内のアプリを見れば仮想通貨投資をしていたのかが分かる場合があります。
国内の仮想通貨取引所で取引をしていれば、取引所のアプリが入ってます。
PCであればWEBブラウザのブックマークや閲覧履歴などからも有力な情報をGETできます。
これらを確認する事で、仮想通貨投資をおこなっていたのか予測がつきます。

しかし、これらの作業で仮想通貨投資をしていたという予測がついたとしても、実際に取引をしていたか、そしてどれぐらいの仮想通貨資産があるのかは分かりません。
ここから先へ進むためにはパスワードなどの認証作業が必要になります。

この本人認証が一番の壁になります。

ログインする為のIDやパスワードの書いたメモを探さないといけないのです。
やはり、ここでも日頃からの情報が一番大事になります。
仮想通貨投資をしていた本人しか知らないとなると、なすすべがありません。

生前にしておくべき準備


持ち主が生前に出来る手段は、もうお分かりの通り家族との情報共有です。
日頃から資産管理について会話をしておいて下さい。
国内の仮想通貨取引所で取引をしているのであれば、どこの取引所で取引をしているのかを伝えておきましょう。
その情報さえあれば家族は簡単に取り戻す事ができます。
その仮想通貨取引所へ問い合わせれば取り戻す事が出来ます。

仮想通貨も大事な資産です。
会話が難しいようであればメモを残しておけば大丈夫です。

つぎに海外の仮想通貨取引所やDefiサービスで運用している場合は、仕組みや操作が難しいので伝えるのが非常に困難です。
仮想通貨の事を知らない家族に一生懸命に伝えても、理解する事はかなり難しいでしょう。
この場合は取り戻す為の手順を分かりやすくまとめてメモしておきましょう。
残された家族が取り戻す事ができるように必要な情報を全て記載しておきます。

あとは家族がこのメモを見つけれる場所において置けば、事前準備は完璧です。

取り戻せた場合の相続税


結論から申しますと、仮想通貨も相続の対象になります。
現金や土地などと同じように、大事な資産の一部です。
無事に取り戻す事できた場合は相続の手続きが必要です。

特に遺言書などで指定しない限り、法で定められた分配率に従って分配されます。

国税庁の仮想通貨に関する税務上の取扱いについてはこちら

このあたりの遺産相続に関してはご自身で判断されずに税理士に相談される事をおススメします。
仮想通貨の遺産相続は複雑ですので専門家にみてもらいましょう。
税理士への相談はPCやスマホから簡単に相談できます。

お住まいの自治体によっては無料で相談できるサービスもありますので調べてみて下さい。

まとめ


今回は仮想通貨の持ち主に不測の事態が起きた場合の対処法や相続について解説しました。
仮想通貨取引は何も知らない家族にとっては仕組みが難しく理解できないのが大半です。
その為、日頃から資産運用についての会話をする事が重要になります。

この問題は生前から持ち主が準備しておく事で簡単に解決できます。
残された家族の負担を減らすためにも準備しておきましょう。

残された家族にとって遺産相続でのトラブルは、想像以上に大きい負担になります。
生前贈与も選択肢のひとつです。
生前贈与であれば年間110万円までであれば非課税です。
定期的にライフプランを作成し、計画的な資産運用を心がけましょう。