送金方法

【送金無料】GMOコインからMetaMask(メタマスク)に送金する方法

こんにちは、わたる(@akiba5296)です。
今回はGMOコインで購入したETH(イーサリアム)をMetaMask(メタマスク)に送金する方法をご紹介します。
僕が実際に送金している作業をお見せしながら解説させて頂きます。
GMOコインは他社がマネできない送金手数料無料の優良取引所です。
まだGMOコインの口座開設が終わってない方は作っておく事を強くおススメします。

国内無敵!GMOコインの口座開設|かんたん本人確認で最短10分で完了こんにちは、わたる(@akiba5296)です。 取引所形式で購入できる通貨の取扱いが多く、出金手数料無料・送金手数料無料! 国内で...
NFTの購入はDMM Bitcoin・GMOコインを使わないと損する理由こんにちは、わたる(@akiba5296)です。 CNP(CryptoNinja Partners)やMurakami.Flowers...
MetaMask(メタマスク)のインストール方法|危険な使い方と注意点を解説こんにちは、わたる(@akiba5296)です。 今回はMetaMask(メタマスク)のインストール方法と便利な使い方をご紹介します。...

送金方法【PC編】

今回はETH(イーサリアム)をMetaMask(メタマスク)に実際に送金してみます。

流れ

左側にある『入出金』から『暗号資産』をクリック
今回送りたい『ETH』を選択
『+新しい宛先を追加する』を押してアドレスを登録
『送付』から登録したアドレスを選択
送りたい金額を入力し認証コードを入れて『確認画面へ』をクリック
間違いがなければ『実行』を押す
着金確認をして完了

まずは左側にある『入出金』のところにある『暗号資産』をクリックします。

今回はETH(イーサリアム)を送りたいので『ETH』をクリックします。

次にタブを『送付』に切り替えて『+新しい宛先を追加する』を押してMetaMask(メタマスク)のアドレスを登録します。

今回はMetaMaskを登録するので『GMOコイン以外』をクリック
次に『プライベートウォレット』をクリック

次に『ご本人さま以外』をクリック、そして『宛先情報の登録画面へ』をクリックします。

次にアドレスをコピーする為に右上のアイコンからMetaMaskを立ち上げます。

MetaMaskが立ち上がったらアドレスをクリックしてコピーします。

『宛先名称(ニックネーム)』に【MetaMask】と入力して、『イーサリアムアドレス』に先ほどコピーしたアドレスは貼り付けて『確認画面へ』をクリックします。

利用規約に同意にチェックを入れて『登録する』を押します。

次にメールが届きますので、メール内のリンクをクリックします。

そして『認証を完了する』をクリックしてアドレス登録の完了です。
アドレスの審査があるので登録の反映に少し時間がかかります。

次に先ほどの『送付』画面を見てみると登録したアドレスが表示されてますのでクリックします。

下のチェックボックスにチェックを入れて『次へ』を押します。

送金したい金額を入力し、『SMSで2段階認証コードを受け取る』を押して送られてきた認証コードを入力し『確認画面へ』を押します。

内容を確認し間違いがなければ『実行』をクリックして送金申請完了です。

あとはMetaMaskを立ち上げて着金の確認をしておきましょう。
ほんとに一瞬で着金していてびっくりしました。

送金方法【スマホ編】

今回はETH(イーサリアム)をMetaMask(メタマスク)に実際に送金してみます。

流れ

アプリを立ち上げて『預入/送付』から『ETH』を選択
『+新しい宛先を追加する』からアドレスを登録する
『送付』から登録したアドレスをタップ
送りたい金額を入力し認証コードを入れて『確認画面へ』をタップ
間違いがなければ『実行』を押す
着金確認をして完了

まずはこちらから『GMOコイン暗号資産ウォレット』アプリをインストールしてください。

アプリを立ち上げて『ログイン』します。
表示方法がノーマルモードになっている方は、トレーダーモードに切り替えて下さい
『預入/送付』をタップし今回送りたい『ETH』を押して下さい。

タブを『送付』に切り替えて『+新しい宛先を追加する』をタップします。
次に『GMOコイン以外』をタップ、『プライベートウォレット』へと進んで下さい。

『ご本人さま』を選択し、『宛先情報の登録画面へ』をタップします。

次にMetaMaskアプリを立ち上げてアドレスをコピーします。
コピーしたアドレスを『イーサリアムアドレス』へ貼り付けます、『宛先名称(ニックネーム)』はMetaMaskと入力し『確認画面へ』をタップして下さい。

次に利用規約に同意にチェックを入れて『登録する』を押します。
メールが届きますのでメール内のリンクをタップします。
次に『認証を完了する』を押して下さい。
アドレスの審査があるので登録の反映に少し時間がかかります。

次に先ほどの『送付』画面を見てみると登録したアドレスが表示されてますのでクリックします。
次にチェックを入れて『次へ』を押して、送金したい金額を入力しSMSの認証コードを入力し『確認画面へ』をタップして下さい。

『実行』をタップして完了です。

あとはMetaMaskアプリを立ち上げて着金の確認をしておきましょう。
今回もまた一瞬で着金してました!

送金手数料


送金手数料は無料です。
GMOコイン最大の利点は、この手数料の安さです。
他社であればしっかり手数料をとられます。
1回の送金作業で1,000円以上の手数料とられます。
この送金手数料無料を経験してしまうと、他社へはもう戻れません。

GMOコインは送金手数料が無料なだけでなく出金手数料も無料です。
さらに日本円入金の際に即時入金を利用すると手数料が無料になります。

何回もお伝えしますが、とても優秀な取引所です。
国内ではDMM Bitcoinも同じく優秀です。
この2社が国内では最強です。

送金してから着金までの所要時間

所要時間:一瞬

今回、GMOコインで初めて送金しましたがビックリしました。
ほんとに一瞬で着金しました。
こんな経験はじめてでテンション上がりました。
他社での今までの経験では早くて5分から遅くて20分ぐらいでした。
だいたい10分前後で着金する事が多かったです。
取引が活発で混みあっている場合は時間がかかると思いますが…
あと送金する通貨の種類や利用するブロックチェーンによっても変わると思います。
あまりに遅い場合は、何かトラブルの可能性もありますので問い合わせてください。

送金に関しての注意点

送金先アドレスの入力間違い

送金先のアドレスを間違って送金申請すると、2度と戻ってきません。
アドレスを入力する時は手入力をせずに、必ずコピー&ペーストで入力するようにして下さい。
間違いがないか何度もチェックしてから、落ち着いて送金申請して下さい。

テスト送金のすすめ

大きい金額を送金した後に、アドレスを間違えたとなれば取返しがつきません。
特にはじめて送る場合など、相手先のアドレスが間違いないか確認しましょう。

GMOコインの場合、送金手数料が無料なので気にせずにテスト送金ができるのも魅力のひとつです。

少額でのテスト送金をしておけば安心です。
銀行での振り込みと違って仮想通貨の失敗はすべて自己責任になります。
慎重に操作して下さい。