セキュリティ

GMOコインでハッキング対策|二段階認証の設定とトラブル回避まとめ

こんにちは、わたる(@akiba5296)です。
今回は強力なハッキング対策になる二段階認証の設定方法をご紹介します。
GMOコインで口座開設をしたら必ず設定して下さい。
メールアドレスとパスワードだけでは危険です。
仮想通貨の世界では悲しいかな全て自己責任の厳しい世界です。
簡単な設定でセキュリティ強化できますので資産を守る為に必ず設定をおこなって下さい。
設定は簡単ですぐ終わりますのでサクッとやっちゃいましょう。

国内無敵!GMOコインの口座開設|かんたん本人確認で最短10分で完了こんにちは、わたる(@akiba5296)です。 取引所形式で購入できる通貨の取扱いが多く、出金手数料無料・送金手数料無料! 国内で...
NFTの購入はDMM Bitcoin・GMOコインを使わないと損する理由こんにちは、わたる(@akiba5296)です。 CNP(CryptoNinja Partners)やMurakami.Flowers...
GMOコインでは下記の操作で二段階認証が必要になります。
• 新しい端末やブラウザでのログイン
• お客さま情報の変更
• パスワードの変更
• 日本円の出金
• 暗号資産の送付
• 「口座開設コード」の登録

二段階認証の設定方法【PC編】

『Google Authenticator』のインストールと設定

流れ

ホーム画面の人型アイコンから『設定』をクリック
タブを『2段階認証』に切り替えて『変更する』をクリック
『アプリで認証』を選択して『変更する』をクリック
メール内のリンクをクリックしてSMS認証
認証アプリを立ち上げて登録する
認証アプリの認証コードを入力して『送信する』をクリックで完了

GMOコインでは下記の認証アプリに対応しています。

対応している認証アプリ

・Google Authenticator

今回は実際に僕のiPhoneを使用して『Google Authenticator』アプリをインストールして設定していきます。

まずはこちらから認証アプリのインストールをおこなって下さい。

次にGMOコインにログインして画面右上の人型のアイコンをクリックします。

次に『設定』をクリックします。

上のタブを『2段階認証』に切り替えて『変更する』をクリックします。

『アプリで認証』にチェックを入れて『変更する』をクリックします。

次にメールが届きますのでメール内のリンクをクリックします。

次にSMSが届きますので、届いた認証コードを入力して『送信する』を押します。

次に認証アプリを立ち上げて右下の『+』をタップして『QRコードをスキャン』を押して下さい。
カメラが立ち上がるのでQRコードを読み取って下さい。

認証アプリに認証コードが表示されるので、認証コードを入力して『送信する』を押して設定完了です。

二段階認証の設定方法【スマホ編】

『Google Authenticator』のインストールと設定

流れ

ホーム画面の『設定/モード切替』から『セキュリティ』をタップ
タブを『2段階認証』に切り替えて『変更する』をタップ
『アプリで認証』から『変更する』をタップ
メール内のリンクをクリックしてSMS認証する
『QRコードをスキャン出来ない場合』から『キーをコピー』をタップ
認証アプリでキーを貼り付けて『追加』を押す
認証アプリの認証コードを入力して『送信する』をタップで完了

GMOコインでは下記の認証アプリに対応しています。

対応している認証アプリ

・Google Authenticator

今回は実際に僕のiPhoneを使用して『Google Authenticator』アプリをインストールして設定していきます。

まずはこちらから認証アプリのインストールをおこなって下さい。

次にGMOコインアプリにログインして下さい。
ホーム画面の『設定/モード切替』をタップし『セキュリティ』を押して下さい。
タブを『2段階認証』に切り替えて『変更する』をタップします。

『アプリで認証』を選択して『変更する』を押します。
次にメールが届きますのでメール内のリンクをタップします。
SMSで送信された認証コードを入力して『送信する』をタップします。

次に『QRコードをスキャン出来ない場合』をタップし、『キーをコピー』を押してコピーします。

次に認証アプリを立ち上げて右下の『+』アイコンを押して、『セットアップキーを入力』をタップします。
『アカウント』にGMOコインと入力し、『キー』に先ほどコピーしたキーを貼り付けて『追加』を押します。

すると認証コードが表示されますのでタップしてコピーします。
次にコピーした認証コードを貼り付けて『送信する』を押して設定完了です。

【重要】バックアップを必ずとりましょう


スマホを紛失したり、スマホが故障したりすると認証アプリが使えずにログインできなくなります。
これ最悪です。
ログインできなければ二段階認証の解除もできません。

必ず設定時に表示されていたQRコードのスクショのバックアップをとっておきましょう。
スマホで設定したのであればセットアップキーをバックアップとっておいて下さい。
QRコードのスクショかセットアップキーがあれば復元できます。

認証アプリの機種変更時の再設定方法


スマホを機種変更する際は下記の手順でおこなって下さい。

流れ

旧端末でアカウント情報をエクスポートする
新端末でアカウント情報をインポートする

まずは『Google Authenticator』アプリを立ち上げてアカウントのエクスポートをします。
右上の『⋮』から『アカウントのエクスポート』をタップします。そして『続行』へと進みます。

次にエクスポートしたいアカウントにチェックを入れて『エクスポート』を押すと、QRコードが表示されますので新端末で読み取ります。

次に新しい端末で『Google Authenticator』アプリを立ち上げて下さい。
『開始』から『既存のアカウントをインポートしますか?』をタップします。
次に『QRコードをスキャン』を押して旧端末で表示したQRコードを読み込むとインポート完了です。

二段階認証の解除方法

流れ

ホーム画面の人型アイコンから『設定』をクリック
タブを『2段階認証』に切り替えて『変更する』をクリック
『SMSで認証』を選択して『変更する』をクリック
メール内のリンクをクリック
認証アプリの認証コードを入力して『送信する』をクリック
SMS認証コードを入力して『送信する』で完了

ホーム画面の右上にある人型のアイコンから『設定』をクリックします。

上のタブを『2段階認証』に切り替えて『変更する』をクリックします。

『SMSで認証』をクリックします。

メールが届きますのでメール内のリンクをクリックします。

認証アプリで表示されている認証コードを入力し『送信する』をタップします。
次にSMSで送られてきた認証コードを入力し『送信する』をタップして完了です。

注意点

二段階認証は設定しないといけない?

二段階認証は設定しなくても使えます。
しかし仮想通貨やNFTの世界では自分の資産は自分で守らないといけない世界です。

万が一ハッキングなどがおこっても保証がありません。
事前にできる対策はしておいた方が安心です。
必ず設定しておきましょう。

古い認証コードは使えなくなる

認証アプリで表示されているコードは一定の時間が経つと変わります。(約30秒)
入力に時間がかかってしまうと、その間にコードが変わっている可能性があります。
カーソルを合わせておくなど、有効時間内にできるだけ早く入力しましょう。

スマホの時刻設定について

スマホの時刻設定がズレていると、うまく機能しない場合があります。
その場合は時刻設定を見直して下さい。

問い合わせでの解決

自分で調べても分からない事が発生したら、サポートに問い合わせてみましょう。