セキュリティ

bitbank(ビットバンク)二段階認証の設定・解除方法とトラブル回避まとめ

こんにちは、わたる(@akiba5296)です。
今回は二段階認証の設定方法をご紹介します。
bitbank(ビットバンク)で口座開設をしたら二段階認証は必須です。
メールアドレスとパスワードだけの認証では危険です。
仮想通貨の世界ではセキュリティが超重要で、全て自己責任です。
ハッキング対策として資産を守る為の設定を必ずおこなって下さい。

PCでの二段階認証の設定方法

bitbankでは2種類の認証アプリに対応しています。

対応している認証アプリ

Google Authenticator
IIJ SmartKey

今回は実際に僕のiPhoneを使用して『Google Authenticator』アプリをインストールして設定してみます。

流れ

スマホに認証アプリをインストールする
右上のアカウントマークから『設定』をひらく
二段階認証の『設定』を選択
スマホの認証アプリでPCに表示しているQRコードを読み込む
読み込んで出てきた認証コードを入力する

『Google Authenticator』のインストールと設定

まずは、こちらからアプリのインストールをおこなって下さい。

bitbank(ビットバンク)の公式サイトにログインして下さい。

ログインしたら右上のアカウントマークから『設定』を選択して下さい。

次に二段階認証の『設定』をクリックします。

次にスマホで認証アプリを立ち上げて右下の『+』から、『QRコードをスキャン』をタップします。

スマホでPC画面のQRコードを読み込むと6桁の認証コードが表示されるので時間内に入力して『設定』をクリックします。

これで設定完了です。

SMS認証も設定しましょう

これは認証アプリとは別でにスマホのSMSを使った認証です。
こちらも設定しておくとセキュリティが上がりますので必ず設定しておきましょう。

流れ

右上のアカウントマークから『設定』をひらく
SMS認証の『設定』を選択
携帯電話番号を入力→送信
ショートメッセージに届いた認証コードを入力

SMS認証の『設定』をクリックします。

電話番号を入力し『送信』を押してスマホに認証コードを送信します。

送られてきた6桁の認証コードを入力し『設定』をクリックして完了です。

スマホ(アプリ)での二段階認証の設定方法

bitbankでは2種類の認証アプリに対応しています。

対応している認証アプリ

Google Authenticator
IIJ SmartKey

今回は実際に僕のiPhoneを使用して『Google Authenticator』アプリをインストールして設定してみます。

流れ

スマホに認証アプリをインストールする
右下の『メニュー』から『設定』をひらく
二段階認証の『設定』を選択
『設定を始める』をタップ
『認証アプリを起動する』をタップして認証コードを確認
認証コードをbitbankの画面に入力して『設定する』をタップ

『Google Authenticator』のインストールと設定

まずは、こちらからアプリのインストールをおこなって下さい。

bitbank(ビットバンク)の公式サイトにログインして下さい。

右下の『メニュー』から『設定』、そして二段階認証の『設定』と進めて下さい。

次に『設定を始める』から『認証アプリを起動する』、そして認証アプリでトークンの追加をタップして6桁の認証コードを表示させます。
その6桁の認証コードを入力し『設定する』を押すと完了です。

iPhoneのios15以降使われている方は認証アプリが立ち上がらずにiosのパスワード設定画面が立ち上がりますので、下記のの手順で進めて下さい。

『認証アプリを起動する』を押すと、iPhoneのパスワード設定画面が立ち上がりますので『bitbankアカウント』をタップします。

次に『確認コード』をタップすると6桁のコードをコピーできますので、bitbankの画面で入力し『設定』をタップして完了です。

SMS認証も設定しましょう

これは認証アプリとは別でにスマホのSMSを使った認証です。
こちらも設定しておくとセキュリティが上がりますので設定しておきましょう。

流れ

右上のアカウントマークから『設定』をひらく
SMS認証の『設定』を選択
携帯電話番号を入力→送信
ショートメッセージに届いた認証コードを入力

右下のアカウントマークから『メニュー』から『設定』をタップして、SMS認証の『設定』を押します。

電話番号を入力して『送信する』を押します。スマホに送信された認証コードを入力して『設定』をタップして完了です。

バックアップは必ずとりましょう

スマホを紛失したり、スマホが故障したりすると認証アプリが使えずにログインできなくなります。
ログインできなければ二段階認証の解除もできません。
必ず設定時に表示されていたQRコードのバックアップをとっておきましょう。

機種変更時の再設定方法

流れ

旧端末でアカウント情報をエクスポートする
新端末でアカウント情報をインポートする

まずは『Google Authenticator』アプリを立ち上げてアカウントのエクスポートをします。
右上の『⋮』から『アカウントのエクスポート』をタップします。そして『続行』へと進みます。

次にエクスポートしたいアカウントにチェックを入れて『エクスポート』を押すと、QRコードが表示されますので新端末で読み取ります。

次に新しい端末で『Google Authenticator』アプリを立ち上げて下さい。
『開始』から『既存のアカウントをインポートしますか?』をタップします。
次に『QRコードをスキャン』を押して旧端末で表示したQRコードを読み込むとインポート完了です。

二段階認証の解除方法

流れ

右上のアカウントマークから『設定』をひらく
二段階認証の『解除』を選択
認証アプリの6桁のコードとSMS確認コードを入力して『解除リクエスト』をクリック

右下のアカウントマークから『メニュー』から『設定』します。

次に二段階認証の『解除』をクリックします。

認証アプリのコードとSMS認証のコードを入力して『解除リクエスト』をクリックて完了です。

注意点

二段階認証は設定しないといけない?

二段階認証には設定しなくても使えます。
しかし仮想通貨やNFTの世界では自分の資産は自分で守らないといけない世界です。

万が一ハッキングなどがおこっても保証がありません。

事前にできる対策はしておいた方が安心です。
必ず設定しておきましょう。

更新されるので古いコードは使えない

認証アプリで表示されているコードは一定の時間が経つと変わります。(約30秒)
入力に時間がかかってしまうと、その間にコードが変わっている可能性があります。
カーソルを合わせておくなど、有効時間内にできるだけ早く入力しましょう。

スマホの時刻設定

スマホの時刻設定がズレていると、うまく機能しない事があります。
その場合は時刻設定を見直して下さい。

問い合わせでの解決

自分で調べても分からない事が発生したら、サポートに問い合わせてみましょう。
問い合わせはこちら