NFT

これでNFTは盗られない!保管専用Macを使った最強の盗難対策を紹介

こんにちは、わたる(@akiba5296)です。
個人のNFTの総資産が2500万円を超えて保管方法を強化しました。
それが保管専用のMacBookの購入です。

とにかくNFTの盗難報告が多く危険な世界です。
高額のNFTを狙っている詐欺師があの手この手で仕掛けてきます。

その手口は巧妙で、知識のない初心者から対策をしている慣れた方まで騙されています。
ここで怖いのはガチガチに対策をしている方も盗られているというとこです。
それだけ詐欺師も考えて策を打っているという事ですね。

この詐欺に対して有効な盗難対策は「購入用ウォレット」と「保管用ウォレット」を分けるという事です。
これが最強です。

①購入用ウォレットでNFTを購入する
②購入したNFTは保管用ウォレットに移す

これだけで99%の詐欺を防ぐことができます。

【保存版】NFTを盗られない為にやるべき事|保管用の財布をつくるこんにちは、わたる(@akiba5296)です。 2022年11月1日の早朝、西野亮廣さんが主体となって運営している「CHIMNEY ...

全財産を財布に入れてお買い物に行きませんよね。
買い物に行く時は必要最低限のお金だけを財布に入れます。
これと同じ感覚です。
大切なNFTが入った財布で買い物をしないという事です。

1台のPCで「保管用ウォレット」を作る方法


新しくメタマスクを作るのでChromeブラウザでプロファイルを追加。
そのプロファイルに新しくメタマスクをインストールします。
手順は下記の3ステップです。

①Google Chromeでプロファイルを追加する
②新しいプロファイルに名前をつける
③新しく作ったプロファイルにMetaMaskをインストールする

まずはGoogle Chromeをひらいて、右上にある『丸いアイコン』をクリックして『+追加』を押して下さい。

次に『アカウントなしで続行』をクリック

次にわかりやすい名前を入力(今回はNFTとしました)して、テーマカラーを選択して『完了』をクリックします。

次に新しくできたプロファイルにMetaMask(メタマスク)をインストールして完了です。

「1つのウォレットの中に複数アカウントをつくる方法」ではありません。
この方法は根本的なハッキング対策になりません。
今回ご紹介する方法は新たに別のウォレットを作成する方法になります。

MetaMask(メタマスク)のハッキング対策|複数ウォレットの作り方こんにちは、わたる(@akiba5296)です。 NFTの市場拡大と共にMetaMask(メタマスク)のハッキング被害が増えてきてます...

「保管用PC」を用意して「保管用ウォレット」を作る方法


1台のPCで「保管用ウォレット」を作る方法でも十分ですが、「保管用のPC」を別途用意する事でウィルスによるハッキング対策に効果があります。

WindowsよりMacの方がウィルスに強いと言われています。

①保管専用にMacを購入する
②そのMacにメタマスクをインストールする

これで防御力がさらに上がるという事です。
僕は、保有しているNFTの資産額が増えてきましたのでこの方法で保管する事にしました。

僕が購入したのは「MacBook Air」です。

アップルの整備済製品ですので「106,800円(税込)」でした。
保管専用MacBookなので整備済製品で十分です。
NFTの盗難対策ができると思えば安い買い物だと思います。

アップルの整備済製品とは?

最大15%OFFで購入する事ができます。
何らかの問題があり返品された端末を、アップルが整備して新品と同じようにしたものです。
もちろん1年の製品保証がついていて、14日以内の返品も可能です。
少しでも安く買いたい人には最高の販売方法です。

Macに保管用ウォレットを作る手順は次の通りです。

①MacにChromeをインストールする
②そのChromeにメタマスクをインストールする

MetaMask(メタマスク)のインストール方法|危険な使い方と注意点を解説こんにちは、わたる(@akiba5296)です。 今回はMetaMask(メタマスク)のインストール方法と便利な使い方をご紹介します。...

「購入用ウォレット」から「保管用ウォレット」へのNFTの移し方


保管用ウォレットを作る事ができたら、大切なNFTを移していきます。
移動はOpenSeaのトランスファー機能を使います。

OpenSeaのサイトにアクセスして下さい。

次に移動したいNFTの左下にある三つの点を押します。

次に「転送」を押します。

この状態で右上のチェックを入れていけば複数選択する事が出来ます。
(最大20枚まで)
選択できれば「続行」を押します。

次に保管用ウォレットのアドレスを慎重に入力し「send 4 items>」を押します。

次にメタマスクが立ち上がりますのでガス代を支払って下さい。
(はじめて転送するコレクションは別途承認作業が必要です)

まとめ


今回は保管専用のMacBookで盗難対策をする方法をご紹介しました。
10万円を超える投資になりますが、高額NFTを守る事ができると思うと安いです。

盗られてからでは遅いです。

まさか自分が盗られるとは思いませんが、何があるか分からないのがこの世界です。
後悔する事が無いように事前に出来る対策はしておきましょう。

保管用ウォレットでは「ミントしない」「ダウンロードしない」
必要な時以外は触らないようにしておけば安心です。

それでは、失礼します。