BSC

MetaMaskのインストールとBSC用設定方法!BTC送金までを完全解説!

女性の口コミ
女性の口コミ
MetaMaskって何ですか?
男性の口コミ
男性の口コミ
MetaMaskの設定がわからない…
女性の口コミ
女性の口コミ
BTCとBNBをMetaMaskに送る方法が知りたい…

これらの悩みにお答えします。

この記事を読んでわかること

MetaMaskとは
MetaMaskをChromeにインストール
MetaMaskにBSC設定を追加
MetaMaskにBTC(ビットコイン)とBNB(バイナンスコイン)を送金

MetaMaskとは


MetaMask(メタマスク)とは仮想通貨を入れる財布の事です。
BINANCEで購入したBNB(バイナンスコイン)をこの財布にいれてDefiサービスへ持っていくといった使い方です。
また、Defiサービスで増えた仮想通貨をMetaMaskへ移して、MetaMaskからBINANCEへ戻したりと必須アイテムです。
MetaMaskがないとDefiサービスが使えません。

財布というだけあってセキュリティが超重要になります。
使い方を間違えると資産を盗まれます。
他人に教えてはいけない暗証番号がありますので、しっかり管理して下さい。

【超簡単】BINANCE(バイナンス)日本人が登録する方法!3分で完了!BINANCEの口座開設の手順を実際の画像で分かりやすく解説します。BINANCEは人気・ユーザー数・取引高は世界トップレベルです。Defiを使う上でもBINANCEの登録は必須です。BINANCEは日本人を含めた世界全体で利用者が多い海外の取引所です。取り扱い通貨が多いのでマニアックなコインも購入できます。...

MetaMaskのインストールと初期設定

MetaMaskはGoogleのChromeというブラウザの中にインストールします。
同じWEBブラウザでもInternet Explorerやsafariでは動きません。

『Googleのchrome』を準備して下さい。

chromeのインストールはこちらからどうぞ

chromeのインストールできたら、次にMetaMaskをインストールして下さい。
MetaMaskのインストールはこちら

MetaMaskは偽物が出回っています。
偽物をインストールして設定すると資産が盗まれます。
慎重におこなって下さい。
上記のリンクからインストールして頂ければ大丈夫です。
MetaMaskだけではなくDefiサービスでも詐欺が多発しております。
しっかりリサーチして勉強して使って下さい。

『Download now』をクリックします。

『chrome』を選択して『Install MetaMask for Chrome』を押します。

画面右上の『Chromeに追加』でMetaMaskのインストールは完了です。
(ポップアップ表示された場合は『拡張機能を追加』をクリックして下さい。)

次に新規でウォレットを作成するので『Create Wallet(ウォレットの作成)』をクリックして下さい。

ここで任意のパスワードを決めて入力します。
決めたパスワードは必ずメモして下さい。
そして他人に盗まれないように、しっかり管理して下さい。
入力が終わりましたら『作成』を押して下さい。

次に鍵マークを押すとシークレットバックアップフレーズが表示されます。
いわゆるシードフレーズと言われるものです。
これはパスワードを無くした時や、別のブラウザに乗り換えたりする時に使います。
これが分からないと復活させる事が出来ないので間違えずに保管しましょう。
メモが完了したら『次へ』をクリックして下さい。

メモをしたシークレットバックアップフレーズの入力画面が表示されます。
パスフレーズを順番にクリックして正しい順番に並べて下さい。
並べ終わったら『確認』をクリックして下さい。

congratulationという完了画面が表示されれば正解です。
『All Done』をクリックして完了です。
お疲れ様でした。

MetaMaskにBSC設定を追加

MetaMaskは初期設定ではBSC(Binance Smart Chain)で使えません。
BSC(Binance Smart Chain)で使えるように設定をする必要があります。
画面右上の拡張機能からMetaMaskをクリックして下さい。

『Ethereumメインネット』を選択して『カスタムRPC』をクリックして下さい。

下記の情報を入力して『保存』を押してください。

Network Name:Binance Smart Chain
New RPC URL:https://bsc-dataseed.binance.org
Chain ID:56
Symbol:BNB
Block Explorer URL:https://bscscan.com

次に右上の表記がBinance Smart Chainになっている事を確認して下さい。
アドレスも0xから始まる文字列になっていれば正解です。
これでBSC(Binance Smart Chain)で使える様に設定できました。

最後にBTCBを表示できる様に設定しておきましょう。
BTC(ビットコイン)をBSC(Binance Smart Chain)に送った時点でBTCBという別のトークンとして扱われます。
BTCをBSC上で扱えるようにBTCBに置き換えているのです。
しかしMetaMaskの初期設定ではBTCBが表示されないので設定してあげる必要があります。
MetaMaskの画面の下にある『トークンを追加』をクリックします。

『カスタムトークン』を選んでToken Contract addressの欄に以下のアドレスを入力し『次へ』をクリックして下さい。
これでMetaMaskでBTCBが表示される様になりました。

0x7130d2a12b9bcbfae4f2634d864a1ee1ce3ead9c

MetaMaskにBTC(ビットコイン)とBNB(バイナンスコイン)を送金

さて設定が終わったところでMetaMaskへBTCとBNBを入れましょう。
BINANCEからMetaMaskへ送ります。

【超簡単】BINANCE(バイナンス)日本人が登録する方法!3分で完了!BINANCEの口座開設の手順を実際の画像で分かりやすく解説します。BINANCEは人気・ユーザー数・取引高は世界トップレベルです。Defiを使う上でもBINANCEの登録は必須です。BINANCEは日本人を含めた世界全体で利用者が多い海外の取引所です。取り扱い通貨が多いのでマニアックなコインも購入できます。...

まずはBTC(ビットコイン)を送金します。
BINANCEの画面の『ウォレット』から『フィアットと現物』をクリックして下さい。

『出金』を押します。

『仮想通貨』を選びます。

通貨を『BTC』にします。

次にMetaMaskのアドレスをコピーします。

またBINANCEの画面へ戻り、『出金先のアドレス』のところにアドレスをペーストして貼り付けます。
この時、ネットワーク選択が『バイナンススマートチェーン(BSC)』になっている事を確認して下さい。

あとは送金したい金額を入力して『提出』を押します。
これも着金するまで少し時間がかかります。
イメージでは5分~30分ぐらいです。

次はBNB(バイナンスコイン)を送りましょう。
やり方はBTCを送金した時と同じやり方です。
途中までは同じで『仮想通貨』を選んだところで『BNB』にするだけです。
最後に送金したい金額を入力して『提出』で完了です。

注意点はMetaMaskの設定がBSC(Binance Smart Chain)になっている事。
MetaMaskのアドレスを間違えずにコピペで入力する事。
送金する際のネットワーク選択でバイナンススマートチェーン(BSC)になっている事。
ここを押さえておけば間違う事はほぼありません。
送金時の間違いによって資金が無くなるケースが多いので確実におこなって下さい。
何度も見直しましょう。

まとめ


いかがでしたか。
Defiサービスを利用する上で欠かせないのがMetaMaskです。

BSC(Binance Smart Chain)でDefiサービスを利用する為の設定方法など少し難しい操作が必要でしたが、この記事をみながら進めてもらうと簡単にできると思います。
ゆっくり時間をかけて確実に進めてみて下さい。

これでBINANCEからMetaMaskへ仮想通貨を移動する事ができました。
Defiの準備完了です。
いよいよ次からはDefiサービスを利用していきます。

パンケーキ職人まであと少しです。
美味しいパンケーキを焼けるように、あと少しだけ頑張って下さい。

それでは、最後までありがとうございました。