仕組み

ビットコインとは?仕組み・特徴・価格変動をわかりやすく【徹底解説】

よくTVニュースやネット上でも話題になっているビットコインですが、そもそもビットコインとは何なのでしょうか。

ビットコインとは「仮想通貨」と呼ばれるお金です。

最近では「暗号通貨」とも呼ばれるようになりましたが、基本的に「仮想通貨」も「暗号通貨」も呼び名が違うだけで同じ物になります。

仮想通貨とは実際には目の前に「現物」が存在しないデジタル上のお金ですが、日本円やドルなどの現金とも交換が出来る通貨の一つであるのです。

ビットコインはお金なので、もちろん単位が存在し、1円や1ドルのように1BTC(ビットコイン)と表記することが出来ます。

1BTCと言っても、1BTCの価値はその時のリアルタイムの市場価格によって価値が上下します。

デジタル通貨とも呼ばれるビットコインですが、各国にて仮想通貨に対する法律も少しずつ整備されつつあり、世界的に認識された「お金」であると言えます。

ビットコインと現金の違いとは

ビットコインと現金の主な違いを説明すると、ビットコインにはお金と言う「実体」が存在しません。

目の前に実体が存在しないので、法定通貨のように紙幣や貨幣と言った括りもありません。
デジタル通貨としてこの世界に存在するお金になります。

イメージとしては私達の生活上に身近にある電子マネーやポイントなどに近い物がありますが、それらとも全く異なった性質を備えるお金としてこの世界に存在しています。

誰がつくったのか

ビットコインを作った人は「サトシ・ナカモト」と呼ばれ、日本人の名前ではあるのですがナカモトに会った人は誰も居ないのが現状です。

ナカモトに会ったことがあると世界中に様々な人が名乗りを上げていますが、そもそもナカモトが日本人では無かった説までありとあらゆる情報が世界に飛び交っていて、その実体は個人なのか法人なのかすらも、それらの情報はどれが正しいものなのかも謎に包まれています。

最新の技術ブロックチェーン

そしてビットコインの管理者や権限を持つ者は、この世界に存在しないのも一つの特徴です。

各国の法定通貨であれば、それぞれ政府や中央銀行がお金の発行権などを握っていますが、ビットコインには特定の管理者が存在しません。

ビットコインはブロックチェーンと言う独自の技術により管理者が存在しない代わりに、ブロックチェーンのネットワーク上にデータが残るので、誰もがお金の移動先などを追うことが出来ます。

つまりはそれらに関わる世界中の人々全てが、ビットコインの通貨管理者とも言えるのです。

この技術は法定通貨には存在しない特別な暗号技術により作られていて、仮想通貨は全世界で公平性を保つことが出来る、とてつもない将来性を秘めた世界通貨として認識されています。

また法定通貨であれば各国がお金を新しく刷ることが出来ますが、ビットコインにはあらかじめ上限が決められて発行されているので、現在実存する通貨量しかビットコインはこの世に存在しません。

そのような特徴がビットコインにはある為、通貨の価値を減らさずに今日まで保ち続けてきたのです。

ビットコインの仕組み

ビットコインは実体が存在しない代わりに、デジタルデータ上でお金という価値を保っています。

ビットコインはブロックチェーンと言う独自の暗号技術によって、ビットコインの送受信などのやりとりをすることが出来ます。

ブロックチェーンはネットワーク上に繋がった複数のコンピュータによって、ブロックチェーン上に書き込まれたデータを共有することが出来る仕組みのことを言います。

誰もがブロックチェーン上に存在するお金の動きを監視することが出来る為、データの改ざんをすることが出来ず、世界中に透明性のある公平な唯一の通貨としてビットコインは注目されました。

ビットコインはどこで買えるのか

ビットコインを手に入れるにはどうすれば良いでしょうか。

ビットコインはネットワーク上の通貨なので、その辺のコンビニやお店などには売っていません。

ビットコインは基本的に「仮想通貨取引所」と呼ばれる場所で購入することが出来ます。
その際に取引所に手数料を支払うことで、取引所は利益を得て運営しています。

また最近ではポイントサイトやアフィリエイトによって無料で手に入れることも出来ますが、欲しいと思った金額を自らが指定して手に入れることが出来るわけではありません。

そしてマイニング(採掘)と言う、ビットコインの取引データを承認する特殊な作業でも手に入れることが出来ますが、基本的には「仮想通貨取引所」で日本円などから交換するのが一般的とされています。

銀行口座にお金を預けているように、まずは「仮想通貨取引所」を利用してあなたの口座を開くことで取引を始められます。

口座を開く際には基本的にお金は掛かりません。

そして「仮想通貨取引所」に法定通貨である日本円を入金して、その時のリアルタイムのレートで日本円をビットコインに交換することで手に入れることが出来ます。

イメージとしては日本円をドルや他国通貨に替える為に、「為替取引所」を利用するような感覚を想像して頂ければ分かりやすいかと思います。

【初心者向け】ビットコインの買い方3ステップとおすすめ取引所3選