手数料

ビットコイン取引には手数料かかるの?安くする方法を解説【初心者】

男性の口コミ
男性の口コミ
ビットコインの手数料っていくらなのかな
女性の口コミ
女性の口コミ
どんな時に手数料がかかるんだろう
男性の口コミ
男性の口コミ
手数料を抑えるにはどうしたらいいか知りたいな

これらの悩みにお答えします。

仮想通貨(ビットコイン)の手数料には、多くの種類があり、発生する場面も様々です。

仮想通貨(ビットコイン)の手数料は、出入金手数料や売買手数料など取引をする上で、必ず発生するものです。
また、取引所によっても手数料は変わってくるので、利益を上げるためには、きちんと見極めて取引を行う必要があります。

この記事では、発生する手数料の種類や取引所の種類、手数料を抑える方法を説明します。

この記事を読むことで、どのような手数料があってどのような時に発生するのか、仮想通貨取引所の特徴や手数料を抑えるポイントを知ることができるでしょう。

では、今回はビットコインの手数料について解説します。

仮想通貨(ビットコイン)取引所の手数料とは

仮想通貨(ビットコイン)で取引を行う時には、色々な種類の手数料が発生します。

そもそもビットコインの取引を行うには、仮想通貨(ビットコイン)を扱ういくつかの取引所の中から、自分が選んだ取引所に口座を作る必要があります。
ビットコインの買い方はこちら

そして、その取引所毎で手数料が異なるとともに
仮想通貨取引の種類によっても手数料が異なるのです。

すなわち、取引所の口座に入金する時は、入金手数料がかかり、実際に取引を行う時には、取引手数料がかかるという具合です。

また、取引所によって手数料が異なるので、手数料のコストを正確に把握しておかないと思いも寄らないところで、マイナスになることも考えられるでしょう。

したがって、自分がどのような取引をしたくて、どのように利益を上げたいのかをベースに、手数料が安価な取引所を選ぶと良いかもしれません。

そして、取引所を選定する時には、各取引所の手数料を判断材料として比較し、検討しましょう。

仮想通貨(ビットコイン)取引所の手数料の種類は?

仮想通貨(ビットコイン)取引所の手数料には、数種類あります。

詳しく見ていきましょう。

出入金手数料

出入金手数料とは、法定通貨や仮想通貨(ビットコイン)を自身の口座に出入金する時にかかる手数料を指します。
具体的には下記の通りです。

法定通貨の出入金手数料

法定通貨とは、簡単に説明すると「日本円」のことです。
法定通貨の出入金手数料には、下記の2種類があります。

通常出入金手数料

仮想通貨(ビットコイン)で取引を始める時に必要な法定通貨の入金や、取引が終了し利益を受け取るため出金する際にかかる手数料です。

この出入金手数料は、ビットコインを移したり、引き出したりする時の手数料ではなく、あくまで法定通貨の出入金の際にかかる手数料だと把握しておきましょう。

仮想通貨(ビットコイン)を移したり、引き出したりする手数料は、別個の異なる手数料が発生します。

クイック入金手数料

クイック入金手数料は、金融機関の口座からインターネットバンキングやATMなどで入金する際にかかる手数料です。
クイック入金手数料は、リアルタイムに反映されることが特徴です。

仮想通貨(ビットコイン)の出入金手数料

仮想通貨(ビットコイン)の出入金手数料には、下記の2種類があります。

仮想通貨の入金手数料

仮想通貨(ビットコイン)を入金する時にかかる手数料です。
また、仮想通貨(ビットコイン)を取引所のウォレットに入金する時にかかる場合もあります。

そもそも仮想通貨(ビットコイン)は、株式や投資の対象のみでなく、円やドルなどのようにウェブ上で送ったり、受け取ったりが可能です。

例えば、他の投資家から仮想通貨(ビットコイン)を送金してもらい、自身の口座で受け取ることができます。
また、自身のパソコンで保管している仮想通貨(ビットコイン)を取引所の口座に預けることも可能です。

そして、その時にかかるのが入金手数料です。
この入金手数料は、取引所ごとに異なっていますが、ほとんどの場合無料となっていることが多いでしょう。

仮想通貨の送金手数料

仮想通貨(ビットコイン)を送金する時にかかる手数料です。
送金手数料には、取引所が貰い受ける手数料と、取引の計算処理を行うマイナーが貰い受ける手数料があります。
また、送金手数料は、金額を設定することが可能です。

マイナーとは、仮想通貨(ビットコイン)を送受金した、過去から現在までの全ての取引記録(ブロックチェーン)を計算処理する人々のことを指します。
マイナーは、利用者同士が取引をした際の取引の計算処理を行う代わりに、計算した仮想通貨(ビットコイン)を手にすることができるのです。

そのため、送金手数料が高く設定された取引は、マイナーにとっては好都合で積極的に手掛けたい取引です。
すなわち、短い期間で送金を済ませたい場合は、送金手数料を高く設定するとマイナーの目に止まりやすいので、素早く送金が行えます。
マイニングについて

送金手数料に関しては、有料であることがほとんどです。

しかし、銀行よりも低コストで行うことができるので、取引所以外と多くの取引を行う方は入金手数料や送金手数料が低い取引所を選定すると良いかもしれません。

売買手数料

仮想通貨(ビットコイン)を売買する時にかかる手数料です。
基本的にはビットコインを購入する時に、ビットコインの価値を基礎とした取引金額に応じて、取引所が貰い受ける手数料を売買手数料といいます。

また、購入する時だけでなく、売り渡した時にも同じように手数料が発生する場合があります。
そのため取引を行う際は、手数料を加味した損益を検討することが必要となるでしょう。

この売買取引を実施する際には、下記の2つケースがあります。

取引所での売買

取引所での売買は、取引所が開いたマーケットで利用者が仮想通貨(ビットコイン)を売買します。

取引所での売買は、自身が売買を希望する価格を指定し数量を決めてオーダーできますが、オーダー価格によっては売買が完了しないケースもあります。
また、価格を決めずにオーダーできる方法もあり、現在の価格付近ですぐに売買を完了させることも可能です。

このように、自身が価格を指定してオーダーし、売買する時の手数料をメイカー手数料といい、価格を決めずにオーダーし、売買する時の手数料をテイカー手数料といいます。

しかし、これらの取引上での売買は、取引価格の変動を見極め自身で判断して売買しなければならず、一定の知見や経験が必要となるでしょう。

販売所での売買

販売所での売買は、仮想通貨交換業者を対象に購入・売却を行います。表示されている価格ですぐに売買が完了するので、完了までに時間を要しません。
また、販売所で売買を行う場合は、業者が表示してくれる価格を見て取引するだけなので、迷いや誤りがなく売買できることが魅力といえます。

また、初心者には非常にわかりやすい仕組みとなっており、取引に慣れていない場合は販売所での売買から始めるといいでしょう。

自身が何を目的とし、どうすれば利益をより創出できるかを総合的に考え、取引所か販売所かを選んでみてください。

レバレッジ取引・仮想通貨FX取引手数料

レバレッジ取引・仮想通貨FX取引を行う時にかかる手数料です。

そもそもレバレッジ取引とは、自分の元金を取引所に預け、取引所からお金を借りることによって、その元金を超えた多額の売買が行える取引です。

元手のお金が少なくても巨大な利益を得るチャンスはありますが、自身の思惑とは違った変動が起こった際、大きな損失を引き起こす恐れもあるでしょう。

このレバレッジ取引で買い付けた仮想通貨(ビットコイン)は、手元に残ることはなく送金もできません。
最終的には、必ず反対取引を行って精算しなければならないのです。

レバレッジ取引には、下記の4つの手数料があります。

スワップ手数料

レバレッジ取引では、新しくオーダーを行い、売買が成立した時点でポジション(未決済建玉)を保有します。
新しく売買が成立し、ポジション(未決済建玉)を保有した時に、管理費用的に発生する手数料がスワップ手数料です。
スワップ手数料は、ポジション(未決済建玉)を決済せずに翌日に繰り越した場合にかかります。

レバレッジ手数料

レバレッジ手数料とは、ポジションを保有して、決済せずに翌日に繰り越した場合にかかる手数料です。

レバレッジ手数料は、このポジション(未決済建玉)を決済せずに翌日以降に繰り越し、その決済が完了するまで24時間毎に発生する手数料のことを指します。
取引所によって、24時間の区切りやレバレッジ手数料が異なるので注意しましょう。

ロスカット手数料

ロスカット手数料とは、レバレッジ取引で取引所に預けた元金に損失が発生し、その損失が一定の割合を超えた時にポジション(未決済建玉)が強制決済(ロスカット)される時にかかる手数料です。
ロスカット手数料は、取引所によって設定が異なり永続的に発生しない取引所もあります。

スプレッド

スプレッドとは、仮想通貨(ビットコイン)の買値と売値の差額のことです。

例えば、購入価格が100万円、売却価格が98万円だった場合のスプレッドは、2万円となります。
すなわち、買い付けてから即座に売ってしまうと、差額が2万円となり損失になってしまうのです。
そのため、可能な限りスプレッドの値が小さい方がプラスになります。

この価格の差は、取引を行うに当たっての実質的な手数料の側面を持っています。
スプレッドは取引所が提示するサービスによって異なるので、取引所を比較し自身に合ったサービスの確認が必要となるでしょう。
また、その日の市場の価格の変動や取引の数量によっても変化するので注意が必要です。
スプレッドについてはこちら

口座管理手数料

口座管理手数料とは、取引所に口座を開設する際や口座を管理する際にかかる手数料ですが、基本的に発生することはなく、ほとんどの取引所で無料です。

仮想通貨(ビットコイン)取引所の種類

日本国内の仮想通貨取引所をいくつか見ていきましょう。

Coincheck

コインチェックの法定通貨の出入金手数料は、銀行振込の場合は銀行の手数料が発生しますが、Coincheckでの手数料は発生しません。
また、出金に関しては一定で407円となっています。
仮想通貨(ビットコイン)の取引手数料は、無料となっており、入金手数料も無料です。

送金に関しては、通貨の種類毎に変動します。
初心者向けの取引所で取引手数料を低く済ませたいならば、おすすめできるでしょう。

DMM Bitcoin

DMM Bitcoinは、口座開設手数料や口座維持手数料、出入金手数料、ロスカット手数料が無料となっており、低費用で参入を検討できるでしょう。
また、投資初心者でも扱いやすいよう専用のスマホアプリがあり、いつでもリアルタイムで取引を行うことができます。

bitFlyer

bitFlyerは、国内でも有数の取引量を占める取引所で、非常に高い流動性を持っています。
全通貨の売買手数料や住信SBIネット銀行からの法定通貨の入金手数料が無料となっています。
手数料に無駄に金額をかけたくない利用者にはお勧めできるでしょう。

bitbank

bitbankは、国内でただ一つのマイナス手数料を手掛けている取引所です。
詳細には、メイカー手数料において適応され、メイカーとして取引を完了させれば、手数料を得られる仕組みになっています。
また、取り扱いの仮想通貨が14種類と非常に多くなっており、専用のスマホアプリもあるので有用性は高いでしょう。

TAOTAO

TAOTAOは、口座開設手数料や口座維持手数料、取引手数料、ロスカット手数料、出入金手数料が無料なので、手数料を低くしたいと考えている利用者におすすめできる取引所です。
また、Yahoo!を親会社とする取引所という面もバックボーンの大きさから考えると魅力かもしれません。

仮想通貨(ビットコイン)手数料を抑える方法を紹介

仮想通貨(ビットコイン)で取引をする際には、多くの手数料がかかることがわかったと思います。
これだけあれば、できれば手数料を抑えたいと考えますよね。
そこで、手数料を抑える方法を3つ解説します。

初心者は、レバレッジ取引より現物取引を行う

投資初心者は、仮想通貨(ビットコイン)で取引をする時は、レバレッジ取引より現物取引を行いましょう。

初心者の内は、価格の変動や取引の流動性の知見や経験が乏しく、上手く運用することが困難な場合が多いです。
そのため、損失を被った際の立て直しができなくなることがあります。

レバレッジ取引は、取引所から借りたお金で元金を超えた投資ができる反面、発生するリスクも大きくなります。
また、レバレッジ取引を行うと、ポジション(未決済建玉)を決済しない限り、レバレッジ手数料が24時間毎にかかります。
したがって、ポジション(未決済建玉)を長い間保有すると、多くの手数料が発生し、多額の資金を投資しなければならなくなります。

経験則を持たない初心者は、大きなリスクとなり得るので、取引をする時はレバレッジ取引よりも現物取引を行うようにしましょう。

出入金手数料が少ない取引所を選ぶ

取引をする時には、ほとんどのケースで出入金手数料が必要となるので、できるだけ少ない出入金手数料の取引所を選びましょう。
DMM BitcoinやTAOTAOに関しては、出入金手数料がかからないので選ぶ際の参考にしてください。

スプレッドの振り幅が少ない取引所を選ぶ

流動性の高い仮想通貨取引は、常に買値と売値の差が生まれやすい側面があるので、できるだけスプレッドの振り幅が少ない取引所を選ぶようにしましょう。
スプレッドの振り幅が少ない方が利益を創出しやすく、利用者にとっては有益になります。

したがって、各仮想通貨取引所のスプレッドを別個に比較し、条件が好都合な取引所を選ぶようにしてください。

最後に

さて、今回は仮想通貨(ビットコイン)の手数料について解説しました。

仮想通貨(ビットコイン)の取引をする際には、多くの手数料が発生します。
取引の種類や場面に応じて、必要な手数料は異なっており、個々の手数料額は小さくても、取引の回数が増えれば多額にもなり得ます。

また、取引所によっても手数料は異なるので、それぞれの取引所を比較し、自分が理想とする取引を考えた上で選ぶようにしてください。
より多くの利益を創出するためにも、可能な限り手数料を抑えられる取引所を選び、有利に取引を進めましょう。